FC2ブログ
   
06
2
3
5
6
7
8
9
10
11
13
15
17
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

エンターテインメント、ドレスコードを楽しむ!~気軽に楽しめるカジュアル船・コスタクルーズの旅

主人の定年記念慰安旅行、忘備録の続き3回目です

気軽に楽しめるカジュアル船コスタクルーズ

今日は、エンターテイメント編です

今回、主人は食の楽しみを満喫していましたが

私の方は、糖尿病食事コントロール中の身


その代わりに盛りだくさんのショーや演奏、体験プログラムといったエンターテイメントを満喫してきました~




こちらも食事同様に

毎晩届くtodayという船内新聞をチェックして

翌日のスケジュールを確認します

大小4カ所のステージがあって

クラシックからポピュラーまで

ピアノバイオリンの生演奏

本場イタリアのテノール歌手のカンツォーネ

またボサノバとか軽音楽もあります

他にもマジックショー、ラテンダンスショー

毎日ショータイムは飽きないです





観たり聴いたりのエンターテイメントだけではなく

陽気なイタリア船ならではの観客参加型のエンターテイメントもあって

社交ダンスとか本格的にされている方から

私達みたいな全く初心者まで

みんなで楽しめるのが

船旅の醍醐味のひとつですね

海外の方もかなりいらっしゃって
ご年配のご夫婦で
とっても素敵に踊っていたのが
印象的でした

足腰を鍛える意味でも老後の楽しみに
社交ダンスでも始めてみる~って
私達も話していますが~

他には、コスタクルーの方達によるエンターテイメントもあって
コース料理のレストランで
夕食時に
ウェイターの皆さんやテノール歌手の方のショーもあり
最後は、観客参加型のイベントにつながって
楽しかったです

また乗船中に一度、船長さん招待のカクテルパーティもあり
色々なカクテルが振舞われる中、船長さんの挨拶
そしてみんなで乾杯~
その後、ダンスパーティ

甲板ではパエリアなどシェフからの振る舞いもあったりして

海の上のイタリアを満喫です





あと、忘れちゃいけないのが
船旅といえば、ドレスコード


コスタクルーズは、カジュアル船なので

基本そんなに厳格な指定はないので

昼間は、みなさんラフな格好で過ごしていましたが

夕方からは、テーマに沿ってのオシャレを楽しんでいました

こちらも
todayという船内新聞に翌日のドレスコード
書いてあるので
それに従って翌日のコーデをチョイス

とはいえ、事前に知らされていたのは
ざっくりフォーマルデーが1日、
他にはホワイトデーなどのカジュアルデーがあるありますという程度

イタリア船は良くも悪くもこんな感じです

郷に行ったら郷に従えなので

こんな感じでゆる~くコスタクルーズは
楽しむのがいいです

…でとりあえず、フォーマルな服を一着と
あとは、カジュアルに楽しめる服で
7色まではいかなくても
色々なテーマに対応できるように用意していきました

あくまでも強制ではないのですが
毎晩船上パーティのテーマがあるので
それに沿ってコーデを楽しむのも
非日常感です

海外の方とか、毎日ドレスとか
あと日本の方のお着物
みなさん思い思いにオシャレを楽しんでいらっしゃいましたよ~

私達の乗船中のドレスコードは
1日目…カラー
2日目…赤と黒
3日目…フォーマル
4日目…ホワイト
5日目…仮面イタリアン
6日目…カジュアル

でした

ちょうど手づくりアクセサリーのお仕事をされている生徒さんのママがいらっしゃり
いくつか分けていただいて
私なりのドレスコード楽しんできました

主人は、着るものには無頓着な人で
俺はいいと言い張るので
普通の服ですが



また次回に続きます~




ポチッと応援していただければ大変嬉しいですにほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村












スポンサーサイト

食を楽しむ!~気軽に楽しめるカジュアル船・コスタクルーズの旅

定年記念の慰安旅行、忘備録の続きです

気軽に楽しめるカジュアル船・コスタクルーズ

一日船で退屈しないのかなって私も初めての乗船では思ってましたが

食べる・観る・体験する・・、とにかく盛りだくさんの内容で

一日があっという間に過ぎていくんです

今回私達は、6泊7日のクルーズでしたが

もう終わりなの~って感じでした~

船旅の7日間は、ショートクルーズと言われるのも納得です

お仕事のスケジュールとお財布事情が許されるなら

1か月ほど乗っていたかったというくらい

心地いい船上life




・・・ということで今日は、

船での生活の中からお食事事情をご紹介しますね

毎晩、’TODAY’という新聞が部屋に届きますが

それに食事やエンターテインメントなど

一日のスケジュールが書いてあり

それを見ながら翌日の生活のスケジュールを決めるのが

毎晩の日課です

まず最初のチェックは、食事のスケジュール

朝は、ルームサービスもあります

ビュッフェ/コース料理/

有料レストラン等(ステーキハウス・ピザハウス/カクテルバー/チョコレートバー/アイスバー)

/軽食

24時間、どこかしら食べるところは開いています

まずはビュッフェ

イタリア船なので基本はイタリア料理ですが

なんちゃって和食とかもあります

それはそれで違う料理と思えば楽しめるかな~

こちらのいいところは、好きな席で好きなものを好きなだけ食べられること

デッキ最後方なのでひたすら広がる水平線を見ながらの

食事は最高です

もちろん私は糖尿病のため食事コントロールが必要なのですが

逆に量も内容も順番も、自分で選べるのと

ほぼほぼ砂糖類を使っていないイタリアンはありがたいでした




次にコース料理のレストラン

こちらは部屋ごとに席と時間が決まっていて

17:30/20:00スタートの2部制

担当ウェイターも乗船中同じ方が対応してくれます

入口にその日のメニューの見本が置いてあり

席につくとメニュー表が渡されて

前菜・スープ・メイン1・メイン2・サラダ・デザートのそれぞれにつき

数品のメニューがあり

あとから担当ウェイターさんがオーダーをとりにきてくれます

私は事前に糖尿病の申請を出していたので

メニュー表に私の食べていいもの、悪いものにチェックをして

持っていてくださりちょっと感動でした

もうひとつ・・

こちらのレストランの楽しみは相席

今回は、乗船中、3組のご夫婦と相席になり

その方々と会話しながらのお食事は

とってもいい思い出になったり勉強になったり・・

乗船中、仲良くさせてもらいました





朝昼晩の食事時以外は、デッキ11での軽食レストランがオープンします

サラダ、サンドイッチ、ハンバーガー、スイーツ・・

しかも0:00~6:30もお夜食レストランとしてオープンしているので

24時間、とにかく食べるところには不自由しません

プールサイドにも持ち込みできるので

海を見ながらティータイム、まさに非日常感~

私は、現在依然として食事コントロールが続いていますが

2週間に一度だけフルーツやスイーツも含めて

好きなものを食べていいとドクターに言われているので

船旅最終日に、久々のスイカやメロンを少しだけいただきました


その写真を家族のグループラインに送ったら

帰宅後、長男からスイカの差し入れがありました~

次の2週間後のお楽しみですが・・

ありがとっ


他にも、時々ノンシュガーデザートの提供も各レストランであって

コース料理最終日にいただきました~





有料レストラン

の方は、
今回は私達は利用しなかったですが

利用されていた方の話では、ステーキピザもとてもおいしかったそうです

私はエステの特典の有料施設・モンテカルロというプライベートジャグジーで

珈琲を楽しんできました

もちろんこちらにも軽食があるのですが

残念ながら食事コントロールの関係で

一度も利用する機会がなかったんです

でも有料だけあってワンランクアップの内容になっていましたよ~





お食事編、最後はドリンクのことですが

ビュッフェ・軽食の各レストランには

飲料水・ジュース・ミルク・コーヒー・紅茶等パック・お湯など

ドリンクバーがついています

ただその他のレストランでは飲料水含めて有料ですが

お得な回数券も買えます

他に船旅のプランに12ドル以下の飲み物はアルコール類含めて全て

飲み放題がついたドリンクパッケージプランもありますが

その場合、同じ部屋で統一しての申し込みになっているので

私達は主人のビールの回数券で利用してきました

アルコールも楽しみたい方はドリンクパッケージがお得だと思います

もう1か所利用した有料施設・スパにも

アジアンティーを楽しめる休憩施設があって

こちらはスパのあとや、ジムのあとに利用させてもらいました


ではまた次回に続きます




ポチッと応援していただければ大変嬉しいですにほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村




船内案内~気軽に楽しめるカジュアル船・コスタクルーズの旅

定年記念の慰安旅行、忘備録の続きです

私達の今回の旅のメイン、コスタクルーズ

船旅は、2回目で前回は、2年前

主人の永年勤続のお祝いに

会社からプレゼントしていただいて乗船して以来

その時と同じコスタ船に今回も乗ってきました


船旅は、かなりな確率でリピーターさんが多いです

一度乗ると、その非日常感が病みつきになってしまいます

乗って降りるまで何もせずに

色々な観光地に運んでもらえる身軽さがとっても楽チンだし

食事・エンターテインメント、無料で楽しめる施設がほとんど・・

ひと昔前みたいに手の届かない料金の船ばかりでもないので

気軽に楽しめるカジュアル船の旅、何かの参考になればと思って

私達の忘備録ついでに、ご紹介させていただきますね




今日はコスタクルーズ、船内案内編です

59トン、定員1800人 デッキ(階)1~14まであるんですが

イタリア船なので13・・は不吉な数字とされていてデッキ13がなく

デッキ14は、実際は13階のことです

まず乗船前に港で大きな荷物はルームナンバータグをつけて

お部屋の前まで運んでもらえるので

貴重品とすぐに使うものだけ手荷物で持って乗船し

直接自分たちの部屋に行きます

今回私達はデッキ12の部屋で、

直接プールデッキに出入りできたのがとても便利でした

部屋には乗船後の案内のチラシが置いてあるので

それに従って乗船説明会に参加し

コスタカード(ルームキー&乗船カード)にクレジット情報を入力したり

荷物の整理など

一通り、船の生活の準備が終わったら
早速レストラン
乗船中は、24時間、どこかしら無料のレストランが空いています

詳しくはまたお食事の記事書きますが

デッキ8後方ではコース料理のレストラン、

デッキ10後方ではビュッフェのレストラン

デッキ11後方では上二つの閉鎖時間に

サンドイッチ、サラダ、ハンバーガー、スイーツなどの軽食ビュッフェがあります

もちろんいずれも無料です






船内には前方、後方、二か所に階段とエレベーター4基ずつ

中央にはエレベーターのみ2基があって

そのうち高層階の12・14デッキまで行くエレベーターは前方の中央2基しかなくて

中々それが上がってこなくて不便でしたが

運動不足解消をかねてできるだけ階段を使ってました


デッキ8の最前方には無料で使えるジムもあって

見渡す限りの水平線を見ながらのトレーニングは非日常感満喫できます

デッキ12(私達の部屋の階)は、前方が客室で中央以降は甲板になっていて

そこはランニングコースでもあってみなさん早朝涼しいうちに海風を受けながら

朝のランニングを楽しんでいましたよ~


デッキ11には外階段でも降りられてそこにはメインのプールや

両サイドにあるビーチベッド・チェア
など

もちろん無料なのでみなさん思い思いに楽しんでいました


そして意外と知られていないのが

デッキ12後方の甲板には大人専用のプール&ビーチベッド

そこももちろん無料なのでゆっくりと船上でのビーチ気分を楽しめます


他にも無料で楽しめる施設として

ショーや映画、生演奏などのステージ

大小4か所ほどあってこちらもどこかで何かしら

エンターテインメントが常時楽しめます


またそれぞれの施設が提供している体験プログラムもあって

私は足腰の痛みを改善するプログラムなるものを受けてみました

ちなみにお部屋のテレビではwowowも見ることができて

主人は私が体験プログラム受講中など

結構、そちらの映画とかも楽しんでいました(^-^)/






ここまでは無料で楽しめる船内案内でしたが

有料の施設も少しご紹介しておきますね

私達が利用した有料施設は、スパ

これも前回乗船した際に利用して

私が今回一番楽しみにしていたことなんです~

一日ずつでも利用できるのですが

乗船中何回でも入り放題のパスポートを今回も利用しました

ジャグジー各種サウナ岩盤浴、さらにはアジアンな雰囲気の

休憩室には数種のアジアンティーもあって

全て滞在中何回でも利用できます

そしてその時々でいろいろなサービスもスパ施設にはあって

パスポート購入でエステの割引があったこともあり

こちらも前回利用してとっても癒されたので

少しお値段は張るのですが

ホットストーンエステ受けてきました

スパ施設は水着着用です


エステの特典で、なんと船最後尾にある有料施設・プライベートジャグジー

滞在中何回でも利用できるサービスがついてきました

こちらでは休憩やドリンク・軽食のサービスもあります


私達は、利用しませんでしたが他にも

ステーキハウス、ピザハウス、チョコレートバー、カクテルバー、アイスクリームバーなど

有料の専門店や、免税店、さらにはカジノもあって

まさに動く大きなホテルです

これでもカジュアル船クラスなので

船旅ベテラン組の方々はもっと大きな船の豪華さを話していらっしゃいましたが

そちらはやはりお値段もまたそれに見合ってくるので

私達はこれで十分、船旅を満喫できました



ではまた、次回もコスタクルーズ続きを書きますので

ご興味がある方はまた遊びに来てくださいね




ポチッと応援していただければ大変嬉しいですにほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村




京都~神戸~済州島~東京、定年慰安旅行・寄港地観光

主人の定年慰安・夫婦旅、忘備録の続きです

今日は、寄港地観光編です~

初日は、乗船前泊のため、朝一に伊丹空港まで飛び、京都一日観光

まずは八泊九日分の荷物を宿泊先のホテルに預けて

バスで清水寺

途中、八坂の塔を見て、二年坂・産寧坂をぶらぶらしながら

目的の清水寺へ

長期間にわたる補修の最中でしたが

中に参拝することもできました~

帰りは清水道の方へ下っていき再び、バスで京都駅へ

一旦、ホテルのチェックインを済ませて

宿泊プランの特典にあった京都タワー展望入場券を頂いて

早速、上ってみました

きっと夜景の方がきれいかなって思いながら

日程的にこの時間しかゆっくりないので

上がってみましたが

昼間なので京都の景色もしっかり見ることができてよかったです

地下には大浴場もあって一日歩き回った足腰を

癒せるのもありがたいです

京都駅に直結していて、京都タワーホテルとても便利です

夜はちょっとだけ時間をもらって教え子との楽しいディナータイムを過ごしました⇒前記事へ






二日目は、ホテルに荷物を預けて

朝の涼しいうちに祇園まで出かけてみました

花見小路
あたりもまだ込んでいなくてゆっくり散策できました

一旦、ホテルに戻りまた大量の荷物をコロコロしながら(・・主人が・・です

京都駅から神戸へ電車で向かうこと1時間少々で三ノ宮駅へ到着

まずはコインロッカーに大量の荷物を納めて

(主人が・・です⇒)身軽になったところで

北野異人館街

三ノ宮駅から徒歩15分くらいです

北野異人館らしい風情のあるスタバでランチ&休憩

北野異人館街には洋館の他にも

おしゃれな雑貨屋さんもたくさんあって

あっという間に時間が過ぎていき、そろそろ乗船のために

ポートターミナルに向かう時間となりました

ポートライナーで三ノ宮駅から数分で目的の神戸ポートターミナルへ到着

乗船予定のコスタもすでに入港していて

ターミナルには国際色豊かに乗客のみなさんが待合所に待機中でした

そして夕方18時過ぎにいよいよ乗船

お船の様子は、また次回ゆっくり書きますね






3日目は、コスタ終日航海で済州島

済州島ではオプショナルツアーを申し込んでいたので

寄港後、ツアーバスで世界自然遺産の城山日の出峰

民芸村、龍頭岩
と楽しい現地ガイドさんの案内で

半日観光を楽しんできました

ぎりぎり雨の影響もなくてラッキーでした

済州島は、東洋のハワイと言われていて前から一度訪れたかったところ

自然、文化、アート、ショッピングと

また一味違う韓国が楽しめるところです

今回は寄港地半日観光だったので

いつかゆっくりまた来たいなと思いながら再び乗船





今回、予定ではこのまま翌日が鹿児島寄港だったんですが

悪天候のため、抜港が決定されており

そのまま終日航海にて一日早く東京晴海埠頭に停泊となりました

鹿児島に寄港した際には

家族も船の見学がてら港まできて、

それまでのお土産や着替えなど持ち帰ってもらう予定だったので

済州島で抜港の連絡を入れたところでした

後で聞いたら、昼にはお天気も回復したようですが

風はずっと強かったようです・・

海は、九州に近づくほど荒れていて結構、今回は船内も揺れていました

でも悪いことばかりでもなく予定変更のおかげで

寄港の時間が夜になったため船上から東京の夜景が見れてラッキーでした

船上からしか見ることのできない圧巻の絶景に

みなさんデッキから歓声があがっていましたよ~

翌朝は、一旦全員入国手続きで港に降りて

私達は会いに来てくださっていたma-min先生とご一緒に

東京駅でランチを楽しみました⇒前記事へ

船は再び神戸に向けて出港し

翌日、夕方楽しい6泊7日の船旅を終え、

神戸ポートターミナルに着きました

その日は翌日の帰りの飛行機便に備えて
神戸ポートピアホテルに後泊しました

ポートライナーの駅からこちらも直結していて

15階のお部屋から見える神戸の夜景が絶景でした~

ホテルからは三ノ宮まで無料シャトルバスが20分おきに

往復していて

夜は、そちらで居酒屋さんへ

ずっと船内ではイタリアンだったので

シンプルに白いごはんのおにぎりと浅漬けがとってもおいしかった~




また次回、忘備録・コスタクルーズ編、書きますね

よかったらまたブログ、遊びにきてくださいね




ポチッと応援していただければ大変嬉しいですにほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

帰ってきました!


夏のイベントレッスン明けにお休みをいただき

主人の定年を記念しての8泊9日・慰安旅行から

昨日帰ってきました

途中、

施設でお世話になっている母が高熱を出して入院の連絡も入ったりで

一時は旅行中止も考えたんですが

留守を預かってくれていた家族が母の対応を一手に引き受けてくれて

命に関わるような深刻な状況ではないから

心配しないでこのまま行ってきてね
って後押ししてくれて

予定通りに行ってくることができました。

子供たちに本当に本当に

心から感謝です

こうして生徒さん方のご理解ご協力、

そして家族の協力のもと無事に

京都に前泊からの

神戸~済州島~東京


船旅を楽しませていただきました




そして今回、夫婦の旅ではありましたが

知る人ぞ知る、私はいくつになっても箱入り娘ならぬ’箱入り嫁’(笑)で

主人の同伴なしではお泊りできないので

この機会に寄港地でのお二人との再会も果たしてきました

まずは京都で、今春大学に進学した教え子のⅯちゃんとの再会

進学が決まったとき、私もちょうどこの船旅を計画していて

じゃあ次は、京都で会いましょうってことになったんです

Ⅿちゃんとの時間が少しでも長く楽しめるように

私達は、京都駅の目の前の京都タワーホテルに宿泊

京都駅のイタリアンでⅯちゃんとゆっくりディナーをしながら

Ⅿちゃんの近況やその後の教室のみんなの話・・・

あっという間に楽しい時間は過ぎていきました

そしてそして

お二人目

東京での再会はma-min先生

悪天候のため、寄港地が1か所抜港となり、

中2日間ほど連絡がとれないままになったため

急遽、晴海埠頭まで来ていただくことに・・


港に降りると、そこには

とっても素敵にリセットされたma-min先生のお姿が~

それからご一緒にシャトルバスで東京駅まで行って

こちらもイタリアンでランチ

2時間ほどの再会でしたが、近況やお仕事のお話

ますます前向きでご熱心なma-min先生との再会は

私もたくさんのエネルギーをチャージさせていただきました



昨日帰宅直後から現実に戻り

母の病院、レッスンの準備・・・日常が始まりました

明日まで休養のために教室のお休みをいただいていますので

また寄港地や船旅のことは次回書かせてもらいますね(^-^)/


またブログ、遊びにきてくださればとっても嬉しいです




ポチッと応援していただければ大変嬉しいですにほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村