FC2ブログ
   
11
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

振替の是非について

今年度から振替を原則廃止しました。

理由はあったとしても

生徒保護者様にとっては痛みを伴う改定です

だからこそ、

事前にその理由と共に

お便り・口頭で何度もお伝えし踏み切った次第です。


今まで開講以来30数年間、満室状態でもずっと振替をし続けてきたのは

他でもない、ただ生徒さん達が少しでもレッスンに通ってきやすい環境を

提供
してあげたかったからです。

ではなぜ振替廃止に踏み切ったか・・・




うちの場合、まず基本的に空き時間がなく

振替をする場合、教室休講日か毎回の予約制で行っている土日レッスン日に

すし詰め状態で入れるかになっており

結果的に今回私が健康を害したことにより

体力的に限界になってしまいましたが

実は、それ以前の段階の今年度早々に振替廃止に踏み切っていました。


振替廃止の理由・・・

それは同じく生徒さんへの考慮によるものでした。

振替のシステムは生徒さんにとって都合のいいシステムであっても

決して良いシステムではない
ことに

色々なことから気が付いたんです・・



確かに振替をすることでレッスンには通いやすくはなります。

でも世の中では、一旦決めた約束事をキャンセルし

新たに約束しなおすことはそう簡単にはできない
はず・・


何か不都合が生じた場合、何とか約束事を守れるよう努力することも必要であり

どうしても無理な場合、しかるべき対応をしたうえで

その約束事は、キャンセルとなり新たに・・・

というのは必ずしも望める場合だけではないです・・


・・・だとするとピアノ教室だけは特別にそれが通用するということを

小さいときから日常的に体験させるということは

生徒さん自身に不必要な甘えを作ってしまったり

よくしてもらって当たり前・・とか

自分だけ特別扱いに・・・というような

周囲に過剰な期待を求めてしまうことにもなりかねない危機感

感じたからでした


生徒さん達は社会の中で生きていかなくてはならないです

社会にはいろいろなルールがあり

それに乗っ取ってスムーズな人生を送っていけることが

生徒さん自身の幸せにつながっていきます





生徒さんの成長を考える時、

時には厳しい対応も必要です

それは生徒さんへの想いがあればこそのことです

そしてその想いは言葉に出して伝えることも大切なんだと思います


振替廃止から約半年・・・

それをご理解・賛同くださりすんなり受け入れてくださっている保護者様が大半を占め

通常レッスンの欠席率が激減した中、

やはり今まで振替システムをよくご利用されていた方の中には

・そうだったですね~、よくわかっていなくてすみません

・レッスン受けられないのはとても残念なのでいつでもいいのでまた見てもらえないでしょうか・・

などまだまだ完全には保護者様の中で浸透しきっていない現実があります・・

それでもお一人お一人、私の想いを真摯にお伝えし続けていこうと思っています



いつもお読みいただきありがとうございます。
ポチッと応援していただければ大変嬉しいですにほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト
Secret